明海大学保健管理センター

★ 内容

  1. 健康相談
  2. 応急処置
  3. 「遠隔地被保険証」の交付
  4. 医療機関受診時の注意点

◇ 健康相談

保健管理センターでは、随時、健康相談を行っています。

 自分の身体に異常を感じたり、不安を持ったり、また慢性の疾患のある人、「夜眠れない」「いつも頭がぼんやりしている」「勉強に身が入らない」など、心身の健康に関することについても、気軽に相談してください。


◇ 応急処置

大学構内でケガや病気をした時、応急処置を行います。

 必要な場合は大学周辺の医療機関へ案内しますので、健康保険証は常に携帯しましょう。
 体調不良の時は休養することもできます。 ただし、保健管理センター利用による授業の遅刻・欠席の証明書は発行していません。


★ その他 ・・・ セルフチェックコーナー
 身長・体重計及び血圧測定が自由に行えます。

★ 「遠隔地被保険証」の交付

 保護者から離れて生活する際は、万一の病気・事故に備えて保険証のコピーではなく「遠隔地被保険者証」の交付を受けておきましょう。
 「遠隔地被保険者証」は、保護者が加入している健康保険の種類に該当する機関に交付を申請してください。
 手続きには、「入学許可書」または「在学証明書」、住民票などが必要な場合があります。

▽ 医療機関受診時の注意点

  • 休診もありえます。受診前は、必ず電話で確認をしましょう。
  • メモなどを利用し、症状・薬の使用状況・既往歴等は、的確に伝えましょう。
  • 帰宅後の注意点、次回受診の必要性・目安を医師に確認しましょう。
  • 登校の可否について、確認しましょう。
  • 何科にかかればよいか迷うときは、保健管理センターに相談してください。